よくある質問

ホーム > よくある質問

Q.位置精度(誤差)はどの程度ですか?
A.空が見渡せるところであれば、最大で3~4m程度です。
モノが密集している場合、1個の位置は特定できなくても見渡せる範囲には探したいモノがあるという運用になります。
Q.建物の中に管理しているモノもあり、その場合はGPSが使えないと思うのですが?
A.GPSが使えない場所、例えば建物の中や二階建て倉庫の一階などでは Beacon(ビーコン)といわれる 電波を出して場所を知らせる装置を利用します。
GPSが使える場所とも違和感なく同じように連動できます。
Q.NFCタグの費用が大きなものになりそうに思いますが?
A.基本的には使い捨てで考えた方が運用の負荷が小さく、モノ1個につき1枚数十円のNFCタグが必要です。
どうしてもその費用を抑えたい場合は、NFCタグをリユースすることでタグのコストを限りなく0に近づけることが可能です。
Q.NFCタグはどこに取り付けますか?
A.通常はモノの外側の見えやすい位置にシールラベル形状のタグを貼ります。
風雨や日光に長時間さらされる可能性がある場合は劣化防止対策が必要となり、タグのコストがアップします。
リユースする場合は、シールラベル形状以外の方法で運用します。
Q.現在モノにバーコードを付けて管理しているのですが?
A.NFCタグを付ける代わりにバーコードをスマホで読ませることで同じように位置の管理が可能ですが、NFCタグを読む場合と比べて作業担当者の運用負荷が少し大きくなります。
Q.NFCリーダが付いたAndroidのスマホではなく、iPhoneでも使えますか?
A.現在、iPhoneアプリを準備していませんので、新規開発となります。 NFCタグの読み取りには、iPhoneとBluetoothで接続できるNFCリーダがありそれを使います。